遅まきながらメダカの飼育にハマりました。

昔と言って良いほど何年も前に熱帯魚飼育に凝っていましたが、転職など身辺のドタバタで止めてしまっていました。

ポリピュアEXの解約方法は簡単
最近のメダカブームを眺めているうちにその頃の熱が蘇ってきたのか、少し前からメダカを飼ってみたいと思うようになりました。

メダカ飼育は熱帯魚と比べると、水温管理や濾過・エアーレーションなど水質管理が簡単で、
それ用の装置も不要なとっつき易いのも動機の一つです。
が、何よりも、押し入れの片づけで嫁が使わなくなった土鍋を引っ張り出したのが一番の切っ掛けでした。
その土鍋をを見た途端に水鉢代わりにする事を思い付いたのです。

赤玉土を底に敷いて、熱帯魚飼育に使っていた石や流木を配置して、家の周りに生えている苔を土鍋の縁にずらりと並べて準備完了です。
この苔はちょっと自慢のアイデアです。
濾過器もエアーレーションも使わない代わりに、時々水を溢れさせる事で水質の悪化を防ぐというものです。
でもただ溢れさせるだけでは、メダカも逃げかねません。だから、鍋の縁を苔でぐるりと囲って一部だけ苔を置かないで排水口にします。
排水口は大きめの石と砂利で塞いで、水は通るけれどメダカは通れなくしました。
鍋はベランダに置くので、ジョウロで潅水して溢れさせれば良い水質は保たれる筈です。
実際、飼い始めて1ヶ月程度ですが、5匹のメダカたちは元気一杯です。

元気な証拠に、飼い始めて直ぐに卵を抱え始めました。
まだ水草を用意していなかったので、嫁さんが観葉植物を増やす為に水に差して育てていたその若葉を入れてみました。
すると、思い通りその根に卵を産み付けてくれました。

味付け海苔のプラスチック製円筒形の容器が卵用水槽です。
その観葉植物をそれに移して観察していると、小さくて透明な卵の中に黒い点が二つ現れました。
針子(メダカの稚魚)の目玉です。感動です!無事に卵は育ってくれたのです。

1週間目に小さな小さな、ホントに小さな針子が3尾生まれました。またまた感動です。
餌はカツオの削り節です。パック入りのものを、少量指で揉んで揉んで、また揉んで、これでもかという程揉んで粉末状に細かくします。
でないと、体長が1mmあるかないかの針子の小さなお口には入らないのです。
そんなこんなで、今、針子たちは3mmほどに順調に成長しています。

産卵期の今は、雌は次から次へと卵を抱えます。その内の5~6粒をまた別の味付け海苔卵飼育水槽に移してました。
その卵にも目玉ができました。
こんなに順調に増えるのなら増え過ぎて土鍋に飼い切れなくなるので、とりあえず針子飼育はこれで打ち止めです。

針子たちが無事成魚に育つのかはこれからですが、
毎日仕事から帰宅して真っ先に針子の様子を確かめるのが、一番の楽しみになっている今日この頃です。
それにしても、ここまでに使ったお金はメダカ購入の200円だけです。
こんなに安上がりな趣味も滅多にないのでは。

20年以上の趣味と言えます

社会人になって車を保有するようになって、温泉に行くのが好きになりました。もともと同級生が温泉に連れて行ってくれたのがきっかけだったと思います。隣の町がすぐ群馬県という事もあって、車で日帰り温泉俗に町や村営でやっている所に行く機会が多かったと思います。現在は引っ越してしまいましたので、民間の日帰り温泉に行く事が多くなりました。習慣として日帰り温泉の帰りに、外食をして食べて帰るというのが週末の過ごし方となっています。

ギャンブルや行楽に行くとどうしても疲れますし、お金もかかります。温泉はそれ程お金のかからない道楽だと数十年間ずっとこんな感じです。実家に居たころは、敷島温泉、吉岡温泉、坂東温泉、小野上温泉、金島温泉、子持村温泉など渋川中心とした街や民間でやっている日帰り温泉に行く機会が多かったです。入浴料は300円~500円で安く、スタンプカードを集める事で一回無料で入れる所もあります。体があまり強くありませんので、週末で温泉で疲れを癒すという事が趣味と言えば趣味です。そのせいで埼玉の道路事情より、群馬県の方が得意になりました。カーナビがなくてもほぼどの位置に温泉があるのかを把握でき、尚且つ道の空いている所を探す事もできます。

勿論埼玉県の日帰り温泉にも行く事はあります。秩父や都幾川村などにも日帰り温泉があります。秩父の日帰り温泉は、正確には温泉ではなく鉱泉をボイラーで温めている為に、若干やはり群馬県より入浴料が高い訳です。よく行っていたのが満願の湯という皆野にある日帰り温泉です。ここは午後5時になると500円に値引きがされます。5時まで待って入浴しに行ってました。帰りに外食をして帰り後は寝るだけです。

栃木県の温泉地にも行く事がありますが、実は栃木の温泉地はかなり奥地にあります。群馬県は半径50キロ圏内にかなりの日帰り温泉がありましたが、栃木は80キロ以上先にあります。一日がかりになるので、朝早く行く必要があります。日光や塩原、那須などかなり遠く帰りに宇都宮のみんみんで餃子を堪能して帰るのかコースですね。実はこうして日帰り温泉を研究していると、埼玉と群馬、栃木と微妙に違いがあります。栃木の日帰り温泉は入るだけで洗い場がなかったりします。そしてちょっとお湯の温度が熱めのように思います。群馬県はどちらかというと近所の農業従事者が入ってくるので、世間話に花をさかせます。それがなんともいいんですね。

日帰り温泉は地味ですが、お金のかからない道楽だと未だに続けております。

私の趣味は映画鑑賞です。動画配信サービス最高!

私の趣味は映画を見ることです。といっても、マイナーな作品を見るとか、話題作は何でも映画館に行くということはなく、同じ作品を何度も何度も見る派です。昔は、映画をビデオでとったり、レンタルしたり、結構大変でしたが、今はネットフリックスがあるので楽になりました。ネットフリックス系のものは月額900円くらいはかかるので、あまり見ない人には損でしょうが、私のように同じ作品を何度も見る人にはとてもいいサービスです。私は同じ作品を何度も見るので、ふとした瞬間に、あっ、あの場面が見たいなとか、あれ、何の作品のシーンだっけと思うことがあります。そのシーンだけのためにDVDを借りに行くのも面倒だし、1本分のお金を出すのもなあと思います。それに対して、動画配信サービスだったら、家の中で、ささっと検索できるし、お金も月額なので気になりません。もちろん、動画配信で全ての映画が網羅できるわけではありませんが、私にはなかなか合っているサービスです。私が歴代でよく見ている作品はたくさんありますが、このごろはジュラシックパークシリーズをよく見ています。頻度にして、週2の割合では見ています。ジュラシックパークシリーズが大好きなのです。子どもの頃、映画館でジュラシックパークを見て、衝撃を受けました。私はもう大きかったのですが、映画館にいる小さい子は泣いたりしていました。それから、ジュラシックパークはよく金曜ロードショーとかでも流れていたのでよく見ていました。それから、しばらく、テレビでしない時期もあって、私も見る機会が減りましたが、ネットフリックスに入会してからはまた何回も見るようになりました。その他にも、この頃の作品で言えば、残穢もよく見ます。残穢は日本のホラー作品ですが、もともと小説の原作があって、本を読んでいるような感覚で見れるので気に入っています。でも、邦画は珍しくて、大体、90年代の洋画、映画館で見た作品をよく見ます。何度も見た作品を見るよさは先が読めることです。先が読めるため、そんなに集中せずに見ていられるというか、ながら見ができます。映画館で集中して見るのも日常を忘れられて楽しいですが、なかなかそんな時間も取れないし、家事やら何やらすることもあるので、画面に集中しなくても音だけで映画の筋がわかるというのは、結構大事なことです。このごろ、よくしているのは、ベッドに入って、映画を流しながら寝ることです。気がつくと、寝落ちしていて、寝つきが悪いときに最高です。暗い中で、スマホの画面を見続けるのは目に悪いとは思いつつ、なかなかやめられません。

趣味のドライブとハイキングについて

関西出身の私の趣味は、環境の良い田舎町に週2度ほどドライブも兼ねて行き、そこで有名な神社仏閣や、昔の観光地巡りをすることです。
週末になると京都、奈良あたりの事の道をドライブしながら田舎の景色を見ては途中で停車し、美味しいものを食べて一服してはまたドライブといった
事をすると、都会の雑音を離れられ神経統一的なリフレッシュにもなり、とてもすこやかに有意義な日を過ごせます。

以前は電車でそれらの田舎町を探索したり、名所を訪ねてはハイキングやトレッキングを兼ねて健康作りに励んだものです。
両府県ともに全国屈指の古都であり、また、ハイキングコースも兼ねられることから休日には都会からの観光客も多く足を運びます。
同じようにハイキングをしていく人の姿を古道で見かけると何か悠久の歴史を思うような気分になったりもします。

夏の暑い季節や冬の寒い季節は避けて、春や秋に無数のハイキングコースを歩き、途中、有名な神社・仏閣に立ちより小休憩と参拝をすると
比較的のんびりできます。

特に春は全国有数の桜の観光地や、秋には紅葉の綺麗な行楽地もあるためその中を歩くのは格別の思いがありますね。
古都の田舎なので、高いビルや建物もなく一面に大空が広まり、時間が経つのも忘れます。

空気も美味しく、川の水は飲めるところもあり、景色も風光明美で、日本の故郷に帰って来たような感じになりとても素朴感も味わえるのです。
食事も地元の料亭に入ると田舎独特の釜の臭いがして普段味わえないような幻想的な世界に包まれるようでもあります。

古都で名所も沢山あるため、観光バスが頻繁に列をなして走っていますが、その後を走っていると自然に名所にたどり着けるため結構ドライブをしていても
楽しみがあります。

有名な神社・仏閣だけでなく古代の遺跡や古墳群も多く点在しており、その周囲を木々で囲まれた自然道はとても古代ロマンを味わいながら歩くことが出来、
その脇を小鳥のさえずりがみずみずしく鳴動する風景は心を癒してくれます。

ハイキングとドライブを兼ねての週一度のリフレッシュ古都観光地巡りはとても楽しみであり、日ごろの忙しい神経を休めるのにはもってこいの 
趣味ではないかと思います。

山道や林が生い茂る場所にある名所までは昔の道が多く観光客も多い為、自家用車を途中で下りて徒歩で行くようにしています。

歴史の多い関西に住んでいる特権となるかもしれませんが、週末や休日を利用したドライブとハイキングの趣味はやめられそうにないでしょう。

断捨離で人生すっきりしました

わたしが趣味から始め、今ではライフワークになってしまったもの、それは断捨離でした。もともと小さな賃貸に家族4人で住んでおり、いつも狭さを感じていました。もともと持ち物は少なめなほうでしたが、それでも狭い中に生活家電が並んでいると、どうしても見た目はわずらわしくなります。家電の色を揃えたり、どうにか目隠しをしたり収納したりと、小手先で暮らしていましたが、ある日炊飯器が壊れてしまいました。試しに鍋で炊いてみると、普通においしいご飯が炊けたではありませんか。「あれ?これって、炊飯器いらないのでは?」と思ったのがきっかけでした。炊飯器を置かなければ、炊飯器を置くための棚は必要ありません。この棚がなければキッチンはもっと広々して見えるのでは?と思いました。そこからが始まりでした。キッチンにはオーブンレンジ、トースター、炊飯器、ケトル…とさまざまな家電がありましたが、まず炊飯器がいなくなり、続いてトースターがいなくなりました。パンはレンジのトースター機能で焼くようになりました。手持ちの鍋でお湯を沸かすようになると、ケトルもいなくなりました。義務のように買っていたストックを買うのをやめると、収納がずいぶん空きました。形や大きさが様々だった食器を、必ず使うものだけにすると、食器棚もいなくなりました。かくして、キッチンには冷蔵庫とレンジしかいなくなりました。こうなるともう面白くてたまりません。断捨離は家中に及び、衣類を減らしてタンスが3ついなくなり、やたら場所をとっていた大型ラックふたつがいなくなりました。部屋ごとにあったごみ箱は一か所に、文房具は一種類ずつ、用途別に持っていたタオルも一種類になり、年に一度使うか使わないかの客用布団2客や除湿器、蔵書、DVDプレイヤーもいなくなりました。家族は探し物に迷わなくなり、掃除は楽になりました。最後に、微妙に座り心地の悪かったソファがいなくなると、狭いと思っていた賃貸が実に広くなりました。先日引っ越しをしましたが、自宅にあるものはほぼ自分で運べるものばかりだったので、業者には冷蔵庫・洗濯機・エアコンを運んでもらうだけで済みました。引っ越し業者の営業さんには「家電だけですか?ご家族は4人ですよね?」と困惑されましたが、はい、必要なものだけを残すと、これだけで充分なんです。服はそれぞれ5~6セット程度、靴も用途に応じてひとつずつなので、家族は服や靴を選ぶのにも迷いません。「あれどこ行った?」「これはどこにしまってあるの?」もありません。いつも使うものしかないので、それぞれがいつも使う場所にあるからです。狭小住宅を建てても、物理的にも金銭的にも余裕をもって暮らせているのは断捨離のおかげです。収納に困るくらいなら最初から持たなければよい、これが座右の銘になりました。